「寝る前のコーラは睡眠に良くない」といわれる理由

「寝る前のコーラは睡眠に良くない」といわれる理由

offcola club
編集者 CityCamp

「毎晩寝つきが悪く、疲れが溜まっている」

こんな悩みを抱えて、「もしや寝る前に飲んでいるコーラが良くないのでは?」と考えている方もいるでしょう。
実際、一般的には「寝る前にコーラを飲むのは控えた方が良い」とされています。

本記事では、寝る前にコーラを飲むと睡眠に良くないといわれている理由と、それでも夜のコーラを続ける方法をお伝えします。

Text&Edit : Kohei Iwano

「寝る前のコーラは睡眠に良くない」といわれるのはカフェインが原因

「寝る前にコーラを飲むのは良くない」といわれるのは、おもにカフェインが原因とされています。

スーパーや自動販売機で気軽に購入できるコカ・コーラやペプシコーラには、微量のカフェインが含まれています。カフェインには覚醒作用があるため、入眠を妨げるとされています。

集中したいときは積極的にカフェインを摂取することもありますが、寝る前はできるだけ避けた方が良いでしょう。

コーラに含まれているカフェインは100mlあたり10mgだけ

コーラ カフェイン

コーラにはカフェインが含まれていて眠りに悪いといわれますが、コカ・コーラやペプシコーラといった一般的なコーラに含まれているカフェインは、100mlあたり10mgだけなのです。

カフェイン摂取の代表格であるブラックコーヒーと比べると、1/6のカフェイン含有量となっています。

飲料名

カフェイン量(100gあたり)

玉露

160mg

ドリップコーヒー

60mg

紅茶

30mg

ウーロン茶

20mg

ほうじ茶

20mg

煎茶

20mg

玄米茶

10mg

番茶

10mg

かまいり茶

10mg

参考:飲料のカフェイン含有量に関する調査 ‐知らずに多く摂取していることも!?|独立行政法人 国民生活センター

ほかの飲み物と比較すると、コーラは決してカフェインが多い飲み物ではありません。

関連記事:コーラ飲料にカフェインが含まれている歴史的背景|OFF COLA CLUB

寝る前にコーラを飲むには「ノンカフェインのコーラ」がおすすめ

コーラに含まれているカフェイン量は決して多くないとはいえ、寝る前にカフェインを摂取することはできるだけ避けたいものです。
それでもコーラを飲みたいというときは、ノンカフェインのコーラがおすすめです。

近年はクラフトコーラブームが広がり、日本国内でも500種以上のクラフトコーラが販売されています。クラフトコーラは製造所によって配合成分がまったく異なり、カフェインが含まれていないものもあります。

こだわりが詰まったノンカフェインのクラフトコーラを、寝る前に飲むのはいかがでしょうか。

ノンカフェインのクラフトコーラ『OFF COLA』

「ふっと一息つく。あなたのオフタイムにOFF COLA」をコンセプトとして、私たちはOFF COLAというクラフトコーラを提供しています。

OFF COLA

オフタイムを楽しむOFF COLAはクラフトコーラとしては珍しく、カフェインを配合していません。オフタイムにふっと一息つけるよう、興奮作用のあるカフェインを含めずに製造しています。

日々忙しく仕事をしていて、寝る前のコーラを楽しみにしている方もいるでしょう。しかし、コーラが原因で眠りが浅くなり、疲れがとれなくなっては本末転倒です。そんな方は、ノンカフェインのOFF COLAを試してみてください。

コーラを片手に、これまでの世界と少しの間、さようなら。OFF COLAで極上のオフタイムを。

OFF COLA CLUB

NEW ARTICLES

束の間の休息とは「指4本程度のわずかな休息」を意味する言葉である
束の間の休息とは「指4本程度のわずかな休息」を意味する言葉である
集中が切れたときはオフタイムを取ろう
集中が切れたときはオフタイムを取ろう
集中力が続かない原因と対処法
集中力が続かない原因と対処法